子供と一緒にゲームを楽しもう!おすすめマルチプレイタイトル

家族や子供と家で楽しめる、ちょっとマニアックだけどおすすめなマルチプレイゲームタイトル(PS4中心ですが、他機種版もあり)を紹介します。

目次

はじめに

この記事の主旨は、子供たちと一緒にゲームを楽しむことです。文字通り複数人でのマルチプレイができるタイトルを中心に紹介していますが、もちろん1人用でも順番に遊ぶことで楽しめるタイトルもあります。
各ゲームタイトルは、対象年齢(CERO)が決められています。全年齢対象(CERO A)のゲームも含めて、子供たちだけに渡して遊ばせるのではなく、必ず保護者、監督者が側にいて、適度に休憩をとりつつ一緒にプレイするようにしましょう。

マルチプレイをするには

オフラインマルチは、1台のPS4にプレイする人数分のユーザーアカウントを作成しておく必要があります。(人数分のコントローラーも)

子供のアカウントを作ってペアレンタルコントロールをする場合はこちらを参照してください。

ゲームタイトルによっては、対象年齢によってオフラインでもマルチプレイができない場合もあるため、PlayStation®Networkにサインインできる大人アカウントを複数用意しておくと良いかもしれません。
もちろん保護者が常に「一緒に」プレイするように!

UNRAVEL two

対象年齢:CERO A(全年齢)
プレイヤー:1~2人(オフラインマルチ)

毛糸のようなキャラクターを操作して、ジャンプする、紐を伸ばしてひっかける、物を動かして足場にする、といった様々なギミックで2人(オフラインマルチ)で協力しつつステージをクリアしていくアクションゲームです。

結構頭を使う謎解き要素もあるけど、幼稚園、小学校低学年でも一緒に楽しむことができました。操作が難しいところは、合体して上手い人が進めてあげることもできるので、お父さんお母さん、お兄さんお姉さんは腕の見せ所だ!

LEGOワールド 目指せマスタービルダー

対象年齢:CERO B(12歳以上対象)
プレイヤー:1~2人(画面分割オフラインマルチ可能)

LEGOのゲームシリーズはいくつかあるけど、マイクラのような、いわゆるサンドボックスゲーム内で自由にLEGOでモノ作りがしたい人ならこれ。

リアルLEGOでは不可能な膨大な数のブロックで形成したり、地形ごと生成する神のごときビルドができるのはゲームならではの楽しみ。最初はUIが複雑で種類が多いけど、子供の順応性を舐めるな。

一から作るだけではなく、最初から用意されている建物や乗り物を自由に配置できるので、低年齢でも楽しめます。子供達は自分でコースを作って、好きな乗り物(ドラゴンとかもいる!)でレースをするのがお気に入り。

ララクロフトアンドテンプルオブオシリス

対象年齢:CERO B(12歳以上対象)
プレイヤー:1~4人(オフラインマルチ可能)

見た目はちょっとバタ臭いけど、トゥームレイダーでお馴染みララ・クロフトさんのマルチプレイ可能なゲームです。4人のキャラクターを選んで(能力的には2種類)、エジプト神話的な謎解きとアクションで進んで行きます。

崖で渡れないところがあれば、1人がロープを張って、その上を別のキャラクターが歩いて渡ったり、敵の砲撃が激しいところはバリアが張れるキャラクターの後ろに隠れて進んだり、それぞれの能力を活かした協力プレイが楽しい。

敵と闘うところもそんなに難易度は高くなく、死亡しても復活できるので低学年の子供も楽しめます。

HELLDIVERS(ヘルダイバー)

対象年齢:CERO C(15歳以上対象)
プレイヤー:1~4人(オフラインマルチ可能)

難易度と表現的には中高生以上向きかも。

エイリアンと人類の戦いをテーマにした見下ろし型シューティングゲームですが、ノリ的にはまんま映画「スターシップ・トゥルーパーズ」です。

「自由バンザーイ!!」とかボイスが再生されながら敵陣に突っ込む様が最高。

このゲームの特徴は、フレンドリーファイアが常にON、すなわち、マルチプレイの味方の攻撃にも当たり判定があるということです。そして武器はすべて戦場で支援要求をすることで投下されるのですが、これが「コマンド式」なんです。

何を言っているのかわからねーと思いますが、強力な武器やマップ兵器ほどコマンドが複雑になり(しかもランダム)、都度↑↑↓→←←とかを入力しなくてはならないのです。

めちゃくちゃ焦る上に、下手したら味方の攻撃に巻き込まれて死亡するので半端ない緊張感があります。そしてやっとのことでミッションをクリアし、脱出ポッドを呼んだら、そのポッドに踏み潰されて死亡とかあるので、最高に笑えます。

子供というか大人が楽しんで欲しい隠れた名作だと思っています。

トライアルズ フュージョン

対象年齢:CERO B(12歳以上対象)
プレイヤー:1~4人(オフラインマルチ可能)

インターネット老人会風に言うと、物理演算を組み込んで超リアルになったエキサイトバイクみたいなゲームです。

モトクロス競技のようだけど非現実的でアクロバティックなコースを、バランスをとってこけないようにゴールを目指したり、空中でトリックを決めて点数を競ったりします。

ちょっとでもバランスを崩すと、物理演算によってやけにリアルなクラッシュがバンバン発生するのがシュールで楽しい。リアルだと絶対死んでるレベルのクラッシュも皆で笑いながらプレイできるのはこれがゲームだからです。真似しないでね!

交代でタイムアタックをするもよし、マルチプレイで同時にトリックを決めるもよし。最初は子供には操作が難しいかな、と思ってましたが、幼稚園児がメキメキと腕を上げてコースをクリアしていくのを見て、子供の可能性は無限と感じました。

それでは、親子で楽しいゲームライフを!!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる